「野のもの」にて作品展示

野のもの

「野のもの」は自然の恵みの宝庫、信州・伊那谷、秋葉街道(R152)沿いの道の駅「南アルプスむら」内にある雑穀&地元野菜料理の手作りレストランです。
おいしいごはんをいただくことは、季節の恵みを知り、自然の豊かさを受けること。豊かな自然が育んだ恵みを余すところいただく。伊那市長谷の豊かな自然に育まれた雑穀や野菜、山菜、野草などの野のものを素材として、 大地と向き合う気持ちを大切にしながら心を込めて手作りしています。 (野のものHPより)

「普段使いの鉄と漆の道具展」

前半:普段使いの鉄の道具展
:::河原崎貴(鍛金作家)の鉄のフライパンや鍋など
後半:普段使いの漆の道具展
:::菅原利彦(漆工芸家)の器やカラトリーなど

日時:前半:2月3日(金)から15日(水)
:::後半:2月18日(土)から29日(水)
:::10:00AM~4:00PM (木曜定休)


Comments are closed